生ビーツの下ごしらえ&保存

DSC_2329-1.jpg 

しばらくハマっていたザクロが旬が過ぎたのか
店頭から姿を消してしまったので
代わりに最近、ハマっている食材は”ビーツ”。

別名:ビートとかテーブルビートとか火焔菜(カエンサイ)。

食べる輸血やら血液やら言われているくらい
鉄分豊富肝機能を高め疲労回復にも効いて
尚且つ抗酸化作用も高い上に腸内環境も整えてくれるとのことで
美容系スムージーに入ってたりもする食材なのですが

いつもはスーパーで下ごしらえが済んだパック詰めの↓コレ

DSC_2378-2.jpg 

ビーツの水煮を買ってストックしてるのね。

冷凍保存がきくので、開封したら使わない分は
ラップで包んで冷凍庫へGOですよ(ΦωΦ)

冷蔵保存
でも1週間くらいは大丈夫。
冷凍保存だと数ヶ月とか余裕で持つそうですが
わたくしはすぐに消費してしまいます。

だって体にスーパー良い上に
おいしいんだもーん。

いつもはパック詰めなのに
ところがどっこい本日オーガニック系スーパーで
珍しい生のビーツを見つけたので即購入。
それがTOP写真のコレ↓
DSC_2329-1.jpg

生ビーツですよ!
とうとう日本で生のフレッシュなビーツが
手に入るようになったのか~(*´Д`*)'
生産農家が増えてきたのね。嬉しいわ~。

生でもスライスしてサラダに入れたり
ピクルスにしたりして食べられる
けど
土臭さを抜いて甘みを出すには下ごしらえが必要とのこと。


と、いうわけで、自分で下ごしらえ。

茹でるかオーブンで蒸し焼き、というのがよく見る方法なんだけど
茹でると栄養の流出がもったいない気がするし
オーブン板取り出して余熱して1時間焼くのも面倒な気が。

で、”蒸す”ってのはどうだろう?とググってみると
ありました!

圧力鍋なら20分くらいなんだけど
初めてなので様子を見たくて
普通の鍋&ガラス蓋で蒸してみることに。


まずは水で洗って、栄養が逃げないように
ヘタと根っこだけ切り取って皮付きのまま蒸します。


DSC_2331-3.jpg 

圧力鍋の倍の時間の40分蒸してみたら
爪楊枝がすんなり刺さって出来上がり~

DSC_2333-4.jpg 

荒熱が取れたら、キッチンペーパで掴んで
むぎゅっと握ると皮がずるんと剥けます。

DSC_2334-5.jpg 

いつも買ってる水煮のモノよりも色が濃い!
しかも水煮のモノより甘みがある!


やっぱり水煮だと栄養込みの色素の流出が多いのかな。

それでも蒸し終えたなべ底に残った水は赤かった。
捨てるのはもったいないので蒸した残り水は
毎日飲んでるチアシードドリンクに投入して消費。

DSC_2335-6.jpg 

皮を剥き終えたら下ごしらえ終了です。


こんな下ごしらえとか面倒臭いです!!
って人は迷わずビーツの水煮を買っちゃいましょう!


今回は大事に食べたいので1個だけ半分に切って~

DSC_2375-7.jpg 

ラップに包んで~ジップロックに入れようとしたら
ジップロックが無かったのでパイレックスに入れて~

DSC_2376-8.jpg 

これだけは冷凍保存しとこっと♪
他は冷蔵保存で1週間くらいで食べきる予定。

ちなみにいつも買うビーツの水煮のパック詰めも
開封したら使わない分はラップして
冷凍保存でカチカチに凍らせてます↓

DSC_2408-9.jpg 

食べる前日に冷凍庫から出して冷蔵庫に入れて解凍。
翌日には料理に使えますよ(o ̄∀ ̄)ノ”


ビーツといえばボルシチと言われるけど
いろんなレシピを試してみた結果、個人的には
ビーツの味が良くわかるシンプルな味付けがオススメ。

管理人のオススメの味付けはまた明日(o ̄∀ ̄)ノ”

↓番外編:ビーツの葉&茎↓
DSC_2332-10.jpg 


葉や茎にも栄養があるので捨てません!
これも料理しようと思います(ΦωΦ)

色がスゴイ!
  
FC2 Blog Ranking↑ 
見るからに栄養が詰まってそう(ΦωΦ)
関連記事

コメント

非公開コメント

こんばんは(♡´˘`)ノ
最近貧血気味なんで
気にりました!
サプリより良さそうですね(^^)